3月に入り、外の空気も何となく穏やかに感じますね。皆さんも春の訪れを喜んでいらっしゃる事と思います。今回の担当は佐藤真規子です。

宇都宮市内でも高校生の卒業式が終わり、春は別れと出会いの季節。淋しかったり希望が膨らんだりするものです。ふと自分の心を見つめてみると、落ち着かない心の状態であるかもしれません。

そんな時におすすめのアーサナ(ポーズ)は、前屈のポーズです。前屈のアーサナにはこんな特徴があると言われています。

・副交感神経を優位にしてくれて体を落ち着けてくれます。

・意識を内に向けてくれて自分自身を見つめ直すきっかけとなります。

・内臓系への刺激により、内臓器官の働きを整えてくれる。

前屈のアーサナは春のそわそわ・うきうき状態の心にぴったりのアーサナですね。

前屈の代表アーサナと言えば、パスチモッターナーサナ。脚を前に出して座り、背筋を伸ばしたら、上体を倒していきます。特に吐く息に意識をして、前屈を深めていきましょう。呼吸に合わせて、気持ちをどんどん落ち着けていきます。どこまで深く曲げられたかということではなくて、心と体の鎮静、そして、今そこでアーサナに集中することを楽しみましょう。頭を上げた時、きっとすっきりとしてくれることでしょう。

お忙しい季節ではありますが、是非、Rewelのレッスンで心と体を充実させて頂きたいと思います。皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。